本当に安くて美味しいドリップコーヒーのおすすめ人気6選

シナモンローストとは?あまり流通していない珍しいおすすめ商品をご紹介!

コーヒーの味において、もっとも大きな影響を及ぼすものが焙煎度です。
焙煎はコーヒーの味の大半を決めるといっても過言ではありません。
焙煎により生まれた大きなブレは抽出でカバーすることは難しいです。
この記事では、焙煎度合いの「シナモンロースト」についての説明と、シナモンローストのおすすめ商品を紹介していきます。

シナモンローストとは?

まず焙煎(ロースト)とは、コーヒーの生豆を煎る工程のことを言います。
生豆に加える熱の程度で、色や香味が変化します。
この変化の段階を「焙煎度合い」と呼びます。

焙煎による生豆の変化は6~8つの「焙煎度合い」で区分します。
8段階は以下の通りです。

  1. ライトロースト
  2. シナモンロースト
  3. ミディアムロースト
  4. ハイロースト
  5. シティロースト
  6. フルシティロースト
  7. フレンチロースト
  8. イタリアンロースト

「ライトロースト」から「イタリアンロースト」の間で、色や香り、味が複雑に変化していきます。

シナモンローストは、浅煎りと呼ばれる焙煎度合いです。
生豆の渋みやえぐみが強く、苦みや強い酸味はまだ出ていません。
コーヒーとしておいしく飲むには不向きのため、一般にはあまり流通していません。
主に焙煎や豆の特徴をテストするために使用されています。

しかし、コーヒー豆に含まれるポリフェノールが健康によいとして提供されているお店もあるようです。

シナモンローストに適した豆は?

含水量は少なく、全体に白っぽい色で成熟度が非常に高い豆と相性がいいです。
豆の大きさはさまざまですが、扁平で肉薄、豆の表面に比較的凹凸が少なくつるりとした感触を持ちます。
概ね低産地~中産地のものが多く、酸味が少なく香りも少ないですが、火の通りが良いです。
浅煎り~中煎りに使用しても極端に酸っぱくなることがありません。

シナモンローストのおすすめ商品は?

あまり一般的には流通していないシナモンローストですが
提供されているお店がいくつか存在します。
その中でおすすめの商品をご紹介します。

ほどよい酸味と豊かな香り ばいせん工房 珈琲倶楽部

アフリカの最高峰タンザニア・キリマンジャロ山で産される霧の中で培くまれた豊かな香りと酸味の珈琲豆です。
苦味はほとんどないため、コーヒーの香りは好きだが、苦みが苦手という方にぴったりです。
豆のままか、挽かれた状態かを選べるため、コーヒーミルを持っていない方にも嬉しい商品です。

上品な酸味と黒糖のような甘い香りがたまらない キリマンジャロ

キリマンジャロ独特の酸味を楽しめる商品です。
後味にもこの独特の酸味が残りますが、雑味が少なく、香りも上品。
苦味はそれほどなく、酸味が多いながらもバランスが良いです。
こちらの商品も豆のままか挽いた状態か選べます。

まとめ

一般的にはあまり流通されてなく、店頭で見かけることも少ないかと思います。
流通が少ないながらも、提供されているお店がいくつか存在するので
酸味が好きな方、苦みが苦手だけどコーヒーの香りが好きな方はシナモンローストの豆を試してみるといいかもしれません。