本当に安くて美味しいドリップコーヒーのおすすめ人気6選

ライトローストとは?自宅で試す方法をご紹介

コーヒーの味において、もっとも大きな影響を及ぼすものが焙煎度です。
焙煎はコーヒーの味の大半を決めるといっても過言ではありません。
焙煎により生まれた大きなブレは抽出でカバーすることは難しいです。
この記事では、焙煎度合いの「ライトロースト」とは何かをご紹介します。

ライトローストとは?

まず焙煎(ロースト)とは、コーヒーの生豆を煎る工程のことを言います。
生豆に加える熱の程度で、色や香味が変化します。
この変化の段階を「焙煎度合い」と呼びます。

焙煎による生豆の変化は6~8つの「焙煎度合い」で区分します。
8段階は以下の通りです。

  1. ライトロースト
  2. シナモンロースト
  3. ミディアムロースト
  4. ハイロースト
  5. シティロースト
  6. フルシティロースト
  7. フレンチロースト
  8. イタリアンロースト

「ライトロースト」から「イタリアンロースト」の間で、色や香り、味が複雑に変化していきます。

ライトローストとは、焙煎度が最も浅く、生豆由来の渋みや嫌なえぐみが強い状態です。
まだコーヒーらしい香りや苦みなどはなく、おいしく飲むには向いていません。
この状態で流通されることはほとんどありません。
焙煎や豆の特徴をテストするために使われます。

まとめ 自宅でライトローストを試すには

ライトローストは主にテストをするために使われるため、専門店などでも流通していることはほとんどありません。
自宅でライトローストを試してみたい方は、生豆を購入し、ライトローストまで焙煎をしてみるといいかもしれません。