本当に安くて美味しいドリップコーヒーのおすすめ人気6選

スペシャルティコーヒーとは?自宅で気軽に楽しめるおすすめ商品も

最高級のコーヒー豆として高値で取引されているスペシャルティコーヒー。
その定義や価格はどのように決められているのでしょうか?
スペシャルティコーヒーの定義とおすすめ商品についてまとめました。

定義があいまいなスペシャルティコーヒー

豆の格付けや品質チェック、焙煎、豆の風味や特徴の確認など、さまざまな面で行われる珈琲のテイスティング。
そのやり方が「カッピング」と呼ばれる手法です。

カッピングによる評価が定着してから、
豆の品質や生産過程が明確であることにこだわる意識の高まりとともに、スペシャルティコーヒーの需要が増え続けています。

しかし、実はその定義には法律などでの明確な基準はなく
各団体や生産者の独自の判断にゆだねられています。

現在、コーヒー豆の評価を行う世界的な機関として
ACEをはじめ、スペシャルティコーヒー協会(SCA)などがあります。
日本にも日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)が設立されており、独自に7つの評価基準が設けられています。

SCAJのスペシャルティコーヒーの7つの評価基準

1. 口に含んだ質感

粘り気、密度、濃さ、重さ、舌触りの滑らかさ、収れん性などの感覚が含まれる。
口に含んだ時の量感は、質感とは同じではない。濃さ、重さは液の「質」とは関係がない。

2. 風味特性・風味のプロフィール

スペシャルティコーヒーと一般のコーヒーを区別する最も重要な項目。
風味特性とは、味覚と嗅覚の組み合わせ。
栽培―収穫―回収―選別―生産処理―保管―焙煎―抽出
が理想的に行われ、テロワール(栽培地特性)が正しく表現されるものを評価する。

3. 後味の印象度

コーヒーを飲んだ後の「口に残るコーヒー感」が長く残り、
甘さの感覚で消えていくのか、刺激的な嫌な感覚がにじみ出てくるのかを判定する。

4. カップ・クオリティのきれいさ

品質において、「汚れ」「風味の欠点」がなく、コーヒーの栽培地特性を表現する透明性があること。

5. 甘さ

コーヒーチェリーの熟度がよく、均一であることに直接関係するのが、甘さの感覚。
焙煎されたコーヒー豆に含まれる当分の量ではなく、甘さの印象度を作っているほかの成分・要素を評価する。

6. 酸味の特徴評価

明るくさわやかで繊細な酸味がどれほどあるか。
酸度の強さではなく、酸の品質について評価する。
半面、刺激的な酸味、不快な印象を与える酸味があってはならない。

7. バランス

風味の調和がとれているか?突出したり、欠けたりしているものはないか?
を評価する。

スペシャルティコーヒーの4つの特徴

明確な基準がないながらも、スペシャルティコーヒーの特徴として
大きく4つがあげられます。

トレーサビリティの明確さ

トレーサビリティとは、作物などの由来の追跡可能性のことをいいます。
農園、品種、生産処理方法などが明らかなコーヒーであることが重要とされています。

味わいがよく、風味に個性がある

味のよしあしはもちろんのこと
風味にはっきりとした個性があるものが、おいしいコーヒーであることの条件の1つとされています。

カッピングスコアの高さ

カッピングとは、 豆の格付けや品質チェック、焙煎、豆の風味や特徴の確認など
コーヒーの味わいを客観的評価に落とし込むために設けられたテイスティング方法です。
SCAでは80点、SCAJでは80点以上が高評価とされています。

欠点豆の混入の少なさ

欠点豆の混入の多さによってコーヒーの風味が変わってきます。
コーヒーの風味を損なう欠点豆の混入が少ないことが、質の高いコーヒーとされます。

スペシャルティコーヒーの価格はどう決まる?

スペシャルティコーヒーの価格は、売り手と買い手との直接的な取引によって決定されます。
しかし、一部には以下の3つのように公開される取引もあります。

「カップ・オブ・エクセレンス」を通じたオークション

「カップ・オブ・エクセレンス」とは、アメリカの団体により毎年開催されているコーヒー豆の品質評価をする国際審査会のことをいいます。
世界中のコーヒー業者が参加でき、入札を競いながら価格が決定します。

産地国独自のオークション

カップ・オブ・エクセレンスでは年に1回開催される世界的オークションですが
各産地国でも輸出前に独自のオークションを行い、価格を決めています。

産地国で第三者による評価

オークションスタイルではなく、SCAなどが認めたカッパー(カッピングができる人)が各国で評価し、価格を提示することもあります。

スペシャルティコーヒーのおすすめ商品は?

流通量が少ない最高級豆ですが、通販などで購入し、自宅で楽しむことも可能です。
通販で購入できるおすすめのスペシャルティコーヒーをご紹介します。

スペシャルティコーヒーを手軽に楽しめる!ドリップバッグ

このドリップコーヒーは、世界規格Qグレードスペシャルティコーヒーに認証されたニカラグアコーヒーとグァテマラコーヒーを贅沢に100%使用されています。
そして、じっくり丹念に少し深めのフルシティロースト焙煎です。
上質な深いコクと香りのドリップバッグコーヒーに仕上がっています。
今までのドリップコーヒーに物足りなさを感じている方におすすめです。

甘い果実のような香りと濃厚な甘み 小川珈琲

エルサルバドルの甘い果実のような香りと濃厚な甘みが特徴のブレンドコーヒーです。
コスタリカの明るい酸味とコロンビアのミルクチョコレートのような苦味を加え、バランスが良い商品です。

香りの高さが抜群のジニスコーヒー

ジニスコーヒーではスペシャルティコーヒーの中でもわずかに含まれている欠点豆を手作業ですべて取り除いています。
焙煎後にも改めて豆の選別作業を行っているため、
100%良質の豆だけを選んだ、苦み・渋みのない、甘味が感じられるコーヒーになっています。
香りの高さもさることながら、甘みや酸味、渋みのバランスが絶妙です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
流通量の少ないスペシャルティコーヒーですが
自宅でも簡単に楽しむことができます。
いつも飲むコーヒーに物足りなさを感じている方、高級なコーヒーを飲んでみたい方
ぜひスペシャルティコーヒーを試してみてください。