本当に安くて美味しいドリップコーヒーのおすすめ人気6選

ブラジルコーヒーの特徴は?おすすめの商品も!

生産量世界一を誇るブラジルのコーヒー豆。
日本で輸入しているコーヒー豆の中でも、ブラジル産は最多の輸出量となっています。
この記事ではブラジル産のコーヒーの特徴と、おすすめ商品をご紹介します。

ブラジルコーヒーは生産量・輸出量世界1位

日本で輸入しているコーヒー豆のなかで、最も多いのがブラジル産のコーヒー豆です。

ブラジルには22万以上のコーヒー農園があり、1つの農園で平均1万8千本のコーヒーヒノキを栽培しています。巨大な農園が多いのもまた特徴の1つです。
栽培されているヒノキの80%がアラビカ種で、ブルボンやティピカ、ムンドノーボ、スマトラ、マラゴジーペ、カティモール、カツアイなどの品種があります。

生産量、輸出量ともにダントツの世界一位を誇っています。

ブラジルコーヒーの味わいは?

柔らかな酸味とコク、適度な苦みがあり、バランスが良いことが特徴です。
マイルドで癖がないのでブレンドのベースにもよく使われます。

ブラジルのコーヒー豆の輸出量の多さ故に、輸出時に各農園の豆が混ざり合っている面が「マイルドでバランスのよい味わい」と言われる由縁でもあります。

マイルドなので、仕事の合間にほっとしたいときなどにおすすめです。

ブラジルコーヒーの適した焙煎は?

マイルドでバランスの良い豆のため、中煎りの「ハイロースト」や「シティロースト」と相性が良いです。

ハイロースト、シティローストは以下の記事を参考にしてみてください。

ブラジルコーヒーのおすすめ商品は?

ブラジルコーヒーのおすすめ商品をご紹介します。

デカフェがうれしい! Tokyo Coffee Decaf

中深煎りならではの甘み、苦味、旨味のバランスが絶妙です。
スイス式水抽出法なのでコーヒー本来の繊細な味わいをキープできており、カフェインレスとは思えない味わいです。
豆のままか、挽かれた状態かを選べるため、コーヒーミルを持っていない方にも嬉しい商品です。

毎日珈琲を嗜む方に 澤井珈琲 3種セット

注文してから焙煎を始めるため、焼き立てを届けてくれる澤井珈琲のブラジル産コーヒーの3種飲み比べセットです。

「ブラジル・ダ・テーラ」は酸味と苦味のバランスの取れた飲みやすい味で、上品な香りを併せ持ったコーヒーです。
「イエローマウンテン」はふわっとフルーティな香りにさっぱりとした口当たりが特徴です。ミルクや砂糖を入れずにストレートで飲むのがおすすめです。
「サントス・プリンセス」はコクが自慢の高級ブラジルコーヒー豆です。濃厚なコクと香りがおいしいスペシャルティコーヒーです。

量が多いので毎日珈琲を飲む方におすすめしたい商品です。
中挽きか豆のままか選べるため、ミルを持ってない人も安心です。

飲み比べが嬉しい!自家焙煎珈琲やすらぎ 3種セット

こちらも飲み比べが嬉しい3点セットの商品です。
注文してから焙煎を始めるため、焼き立てを届けてくれます。

「トラジャブレンド」は コクとキレがあり、飲んだ後に酸味と甘味が残るため、こってりとしたお食事の後にぴったりです。
「コロンビアブレンド」はやわらかな酸味、甘味に奥深いコクが加わっています。バランスの良い飲みやすいブレンドです。
「ジグリ」は香味、コク、甘味、酸味が絶妙です。甘味が特徴で、ほのかな酸味はありますが、酸味が苦手という方にはぴったりです。

100gずつ入っているため、試しに…という方におすすめです。
中挽きか豆のままか選べるため、ミルを持っていない方も安心です。

まとめ

ブラジル産のコーヒー豆は、バランスがとてもいい豆です。
日本に一番多く流通しているため、気になる商品があったら気軽に試してみてください。