本当に安くて美味しいドリップコーヒーのおすすめ人気6選

コーヒー豆の銘柄よる味の違いは?日本で人気の銘柄8選

コーヒーの銘柄は色々あって味の違いはわかりにくいですよね。
この記事では日本で有名な銘柄を8つご紹介します。

マイルドでバランスがよく、ブレンドに使われるブラジル

生産量、輸出量ともにダントツの世界一位を誇ってい るブラジル産のコーヒー豆。
日本で輸入しているコーヒー豆のうち、最も多いのもブラジル産のコーヒー豆です。

柔らかな酸味とコク、適度な苦みがあり、バランスが良いことが特徴です。
マイルドで癖がないのでブレンドのベースにもよく使われます。

ブラジル産のコーヒー豆について、もっと詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

力強くパンチがある、高品質なマンデリン

マンデリンはインドネシアで栽培されており、
インドネシアで栽培されるコーヒー豆の中でも、「スマトラ島北部で栽培されるアラビカ種」のみが名乗れる高品質な銘柄です。

マンデリンは力強くパンチのある味です。
酸味が少なく、深い苦味と豊かなコクが味の特徴で、濃厚な味わいが広がります。

マンデリンについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

酸味・甘み・苦味のバランスが絶妙のコロンビア

コロンビアにはアンデス山脈をはじめとした、内陸部を南北に走る3つの山脈があり、1000m~2000mの高地でコーヒー豆が栽培されています。

コロンビアコーヒーは力強くもまろやかなコク、ほどよい酸味、マイルドな甘みがそろったバランスの良い味です。
南部、中部、北部で環境の違いから多彩なコーヒー豆が生産でき、それらが混ざり合うことで、絶妙なバランスを生み出しています。

コロンビアコーヒーについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

華やかな香りと酸味のモカ

日本でも多くの人に親しまれている「モカ」
「モカ」と名前がついているコーヒーは、中東・イエメン産の「モカ・マタリ」と、アフリカ・エチオピア産の「モカ・シダモ」「モカ・ハラー」などがあります。

フルーティな酸味と華やかな香りがあり、酸味の中にほのかな甘みが感じられます。
酸味と甘みのハーモニーが魅力的で、苦みはあまり感じられません。

モカについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

フルーティな酸味とさわやかな後味のキリマンジャロ

キリマンジャロは、タンザニアの北東部に存在する標高5895mのアフリカ最高峰のキリマンジャロ山からつけられた銘柄です。

キ華やかでフルーティな酸味と、甘酸っぱい香りが口の中に広がるのが特徴です。さわやかで上品な後味も人気となっています。

キリマンジャロについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

バランス重視の高級コーヒーブルーマウンテン

ブルーマウンテンは、「ジャマイカの法律で定められているブルーマウンテン地区で栽培され、法律で指定された精製・加工工場で処理されたコーヒー」にのみ付けられる希少な銘柄です。

苦味・酸味・甘みのバランスがよく、ふわりとした上品で甘い香り、やわらかな口当たりで飲みやすく、日本人に人気が高いです。

ブルーマウンテンについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

ほどよいコクと甘みのあるグアテマラ

グアテマラは山間地が多く、火山灰を含んだ土壌のためコーヒー栽培に最適です。
「グアテマラ全国コーヒー協会」が研究、指導、宣伝を行いコーヒー産業を支えています。

甘い香り、やわらかな酸味と苦味、ほどよいコクがあり、キレのいい後味が魅力です。
「アンティグア」地区で採れる豆が最高品質として人気です。

グアテマラについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

独特の甘みと酸味のハワイコナ

ハワイコナは、ハワイ島のコナ地区で栽培されたコーヒー豆につけられる銘柄です。
火山灰を多く含んだ土壌のため、コーヒー栽培に最適な土地であり、栄養価が高いコーヒー豆です。

ハワイコナはやわらかな酸味と甘い香りがあります。
苦味は少なくコクがあり、飲み口はさわやかで、気品を感じさせるコーヒーです。

ハワイコナについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

各銘柄の記事に、銘柄ごとのおすすめ商品もご紹介してますので
そちらのほうも参考にしてみてください。