本当に安くて美味しいドリップコーヒーのおすすめ人気6選

コーヒーに入れる砂糖による味の違いは?砂糖の相性とおすすめをご紹介!

コーヒーに砂糖を入れる方は多いのではないでしょうか。
砂糖にもグラニュー糖や角砂糖など色々種類がありますよね。
実はコーヒーにも砂糖との相性があります。
この記事では砂糖の種類や相性、コスパ抜群のおすすめ商品についてご紹介します。

バリエーション豊かな砂糖

コーヒーに使用する砂糖は、コーヒー味を邪魔しないものが一番です。

最もよく使われているグラニュー糖は粒子が細かいため溶けやすく、すっきりとした甘さのため風味をそこなうことがありません。

角砂糖や決勝の粗い白ザラ糖は溶けにくいため甘さの調整がしにくいですが、飲んでいく途中に甘さの変化を楽しむことができます。

一方、三温糖や中ザラ糖など、低純度でミネラルを多く含むタイプは、独特の風味があり、コーヒーの味との調和が楽しめます。
カラメルを加えたコーヒーシュガーは、特にコーヒーの苦味と相性がいいです。

砂糖の種類と特徴

砂糖の種類と特徴について詳しく紹介していきます。

グラニュー糖

さらさらとしており溶けやすく、角砂糖などよりも甘さの調整がしやすいのが特徴です。
クセのないスッキリとした味なので、コーヒーの風味を損ないません。

角砂糖

グラニュー糖を固めたものが一般的な角砂糖です。
従来の1個6gのものから、低糖ブームの影響により1個3gのものも増えてきています。
茶色い中ザラ糖タイプの角砂糖もあり、こちらは素朴な風味が特徴です。

コーヒーシュガー

色はカラメルによるもので、コーヒーの苦味とカラメルの味の調和が楽しめます。
ゆっくりと溶けていくため、飲んでいる途中で甘さの変化を楽しむことができます。
苦味の強い深煎りのコーヒーやエスプレッソと相性が抜群です。

三温糖

低純度で独特の風味があり、色はミネラルによるものです。
和食の煮物に使われることが多い三温糖ですが、コーヒーにも合い、牛乳や卵を使用したアレンジコーヒーなどにも使用されます。

白ザラ糖、中ザラ糖

白ザラ糖はクセがなく、結晶の大きさ以外にはグラニュー糖とほぼ同じ成分です。
溶け方がゆっくりなため、甘さの変化を楽しみながら飲んだり、アレンジの一部としてカップの底にわざと溶け残るように入れることがあります。

中ザラ糖の色はミネラルによるものです。
使い方は白ザラ糖と同様ですが、風味があるためコーヒーと相性がいいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
砂糖によって味わいや風味も変わってきます。

黒砂糖のようにコクのある砂糖はコーヒーには向かないといわれていますが、あえて個性を生かし、アレンジメニューに合わせてみるのも楽しいですね。