本当に安くて美味しいドリップコーヒーのおすすめ人気6選

コーヒーは水によって味が違う?

コーヒーの99%を占める水。
その性質の違いによって、コーヒーの味わいに影響を与えます。
この記事では水の特徴や選び方を紹介していきます。

ミネラル分で味わいがかわる水

水はコーヒーの成分のうち、99%を占める大事な要素です。
水の種類によっても引き出される味わいに違いが出ます。

水は含有するミネラル分によって軟水と硬水に分けられます。

軟水と硬水の特徴を詳しくみていきましょう。

ドリップコーヒーにおすすめの軟水

軟水は水1Lに対してマグネシウムとカルシウムの含有量が100mg以下の水のことをいいます。

軟水でコーヒーを淹れるとクセがなく口当たりよく、まろやかに仕上がります。
コーヒーの味わいを邪魔しないので、ドリップコーヒーの際は軟水を使用するのがおすすめです。

日本の水はほぼ軟水のため、コーヒーを楽しむのにベストな環境といえます。

エスプレッソに最適な硬水

硬水は水1Lに対してマグネシウムとカルシウムの含有量が120mg以上の水のことをいいます。

独特のクセをもち、やや硬いのどごしが特徴です。
ミネラル分が多く、コーヒーの成分と反応して苦味が強く出ます。
そのためエスプレッソなど苦味を強調したい場合は最適です。

海外のミネラルウォーターの多くは硬水が販売されています。

pHによって味のバランス変動

水のミネラル分のほかに、pHも味わいに影響をもたらします。

pHとは賛成とアルカリ性の強さを表す指標です。
pH7を下回るにつれ酸性が強くなり、上回るにつれてアルカリ性が強くなります。

アルカリ性の水はコーヒーの酸味を弱める効果があるため、酸味が気になるコーヒーに使うとマイルドな味わいになります。

水道水は大丈夫?

日本の水道水は清潔なうえ軟水のため、コーヒーにとてもあう水です。
水道水特有の塩素などの不純物やカルキ臭が気になる場合は、一度沸騰させるか、浄水器を使うといいでしょう。

しかし、再沸騰させたお湯で淹れるのは避けたほうがいいです。
沸騰を繰り返すことによりお湯の中の二酸化炭素が減り、コーヒーの味が引き出せず重い味になってしまいます。

水道管が古くなっている場合は鉄分が多く、コーヒーのタンニンと反応して味に悪影響が出ることもありますので注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
使用する水によって、コーヒーの味わいの印象は変わってきます。
色々な水で淹れて飲み比べしてみるのも楽しいですね。