本当に安くて美味しいドリップコーヒーのおすすめ人気6選

コーヒー豆の挽き方の種類は?特徴とおすすめ器具も!

コーヒー豆の挽き方には種類があり、抽出器具によって適正な粒度が変わります。
この記事では挽き方の種類と特徴、おすすめの抽出器具についてご紹介します。

挽き方は大きく分けて4種類

コーヒー豆を挽く際は、コーヒーミルやグラインダーと呼ばれる器具を使用します。

挽き方は、大きく分けると「粗挽き」「中挽き」「細挽き」の3種類と、エスプレッソを淹れるための「極細挽き」を合わせて4種類あります。

使用する抽出器具に合った適切な挽き方をすることが重要です。

粒度によって変わる味わい

「粒度」とは粒の大きさのことをいい、同じ豆でも粒度によって味わいが大きく異なります。

粒が粗いほど成分が抽出されにくいので、コーヒーの濃度は薄くなりますが、雑味が出にくくなります。
細かければ細かいほど成分がしっかり抽出されるので、その分濃くなります。しかし、えぐみなどの雑味も出やすくなるため、ドリップの際に手早く淹れるなどの工夫が必要になります。

粒度の種類

粗挽き

ザラメ糖程度の大きさです。

粒度が粗く、抽出に時間がかかります。
フレンチプレスなど粉をお湯につけて抽出する浸漬式にも向いています。
味わいは苦味系の成分が抑えられる傾向にあり、雑味も出にくいです。

適した器具

ネルドリップ

フレンチプレス

中挽き

グラニュー糖よりやや大きいです。

最も一般的な粒度で、苦みや酸味のバランスのとれた味わいになります。
ハンドドリップやコーヒーメーカー、サイフォンなどさまざまな器具に適しているため、使い勝手がいいです。

適した器具

ペーパードリップ

ネルドリップ

コーヒーメーカー

サイフォン

細挽き

グラニュー糖程度の大きさです。

粒度が細かく、お湯に触れる表面積も大きいので、成分が抽出されやすいです。
濃厚な味わいになり苦味系のコーヒーと相性がいいです。
サイフォンや水出しに向いています。

適した器具

ペーパードリップ

サイフォン

水出し

極細挽き

最も細かく、ほぼパウダー状です。
濃厚なコーヒーを抽出するのに最適で、エスプレッソマシンやマキネッタに使用されます。
家庭用のミルで挽くのは難しく、専用のミルが必要です。

適した器具

エスプレッソマシン

マキネッタ

まとめ

コーヒー豆は、挽くと表面積が増して空気に触れる量が増える分だけ参加して風味が損なわれてしまいます。
淹れる直前に必要な分だけを挽くのが重要です。

色々な挽き方を試してみて、異なる味わいや香りをお楽しみください。