本当に安くて美味しいドリップコーヒーのおすすめ人気6選

コーヒーを抽出するための器具は何がある?種類や特徴をご紹介

コーヒーの淹れ方は、ハンドトリップや専門の器具を使った特殊な淹れ方など様々あります。
この記事ではコーヒーを抽出するための器具の種類や特徴についてご紹介します。

2つの抽出原理

コーヒーを抽出する際の原理は、大きく「透過式」と「浸漬式」に分けられ、大体がどちらかのタイプに分類されます。

透過式

透過式は、コーヒー粉にお湯を透過させて成分を抽出する方法のことをいいます。
湯量やスピードを変えることで味わいを調整することができますが、ドリップ技術が必要になってきます。

浸漬式

浸漬式は、コーヒー粉をお湯に浸して成分を抽出する方法のことをいいます。
こちらの方が透過式よりも簡単なので、初心者でも安定した味にすることができます。
お湯の量や抽出時間によって味わいが変わります。

器具によって変わる味わい

コーヒーの淹れ方は、日本ではペーパードリップが最もメジャーです。
そのほかにもネルドリップやフレンチプレス、サイフォンなど、様々な抽出器具があります。
器具によって、抽出されるコーヒーの味わいも変わってきます。

抽出器具の種類と特徴

ペーパードリップ

日本の家庭でもっとも普及している抽出方法であるペーパードリップ。
スーパーなど手近なところで手に入り、抽出後はフィルターごと粉を捨てられるため、片付けが楽な点も良いところです。

ドリッパーにペーパーフィルターをセットしてお湯を注ぎコーヒーを抽出するスタイルです。
フィルターで油分が適度に遮断されるため、透明感のある味わいになります。

ドリッパーにはリブと呼ばれる溝と、抽出する穴がついており、メーカーによってリブの入り方や穴の数が異なります。
この違いが、味わいに差を生みます。

ネルドリップ

ネルという布のフィルターを使って抽出する方法です。
抽出手順自体はペーパードリップと同じですが、ペーパーよりも目が粗いため様々な成分が抽出されます。
お湯の透過時間も遅いため、味に深いコクと厚みが出るのが特徴です。
口当たりはまろやかで、芳醇な香りも楽しめます。

サイフォン

サイフォンで抽出するコーヒーは、アルコールランプで加熱しながら抽出するため、出来上がりの温度の高さが特徴です。
コーヒーの香りが強く感じられ、クリアな味と香りが楽しめます。

フレンチプレス

粉をお湯に浸して抽出するシンプルな手法で、だれが淹れても味のブレが少なく、初心者でも気軽に扱えるのが魅力です。

コーヒー粉が直接熱湯に触れている時間が長いため、豆に含まれる油脂分や風味などがダイレクトに出やすく、スペシャルティコーヒーを活かす淹れ方として人気です。

香り豊かで丸みのある味に仕上がるのが特徴です。

マキネッタ

エスプレッソの本場・イタリアで家庭用のコーヒー抽出器具として親しまれています。
直火にかけてコーヒーを抽出します。
コクがあり、エスプレッソに近い濃厚な味わいに仕上がるのが特徴です。

コーヒーメーカー

フィルターを通して抽出するドリップ式です。
水とコーヒー粉をセットするだけで、自動でハンドドリップしたような奥深い味わいのドリップコーヒーが淹れられます。
コーヒー粉と水の量で好みの味に調整できます。

水出しコーヒー

文字通り水を使って抽出するコーヒーです。
水で淹れるため抽出時間はかかりますが、飲み口がやわらかく、丸みがあって優しい味わいになります。
苦味も穏やかで、コクのある美味しさを味わうことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
コーヒーの抽出器具は様々な種類があります。
自信の技術にあった器具を選ぶのはもちろんですが、コーヒー粉の挽き方によって適した器具が異なります。

色々な器具やコーヒー粉を試してみて、味の違いを感じるのも楽しいですね。