本当に安くて美味しいドリップコーヒーのおすすめ人気6選

コーヒーの淹れ方よる味の違いは?淹れ方と味との関係性

コーヒーの味わいは豆だけで決まりません。
挽き方や淹れ方によって様々な味わいに変化します。
この記事では、コーヒーの淹れ方によってどのように味が変わるのか紹介します。

淹れ方によって変わる味わい

コーヒーの味わいは、コーヒー豆の個性によって変化します。
しかしそれだけではなく、挽き方や淹れ方によっても調整することができます。

挽き方による味わいの違いに関しては、以下の記事を参考にしてみてください。

挽き方や淹れ方をコントロールすることで、自分好みの味に近づけられるようになります。

器具によっても味わいは変わる

挽き方だけでなく、コーヒーを淹れる器具によっても味わいは変わってきます。
コーヒーの器具に関しては以下の記事を参考にしてみてください。

コーヒーの味わいに関わる要素

湯量

抽出する際の湯量が多いほど薄く、少ないほど濃い味になります。

湯量少ない多い
コーヒーの味濃い薄い

抽出時間

細めの湯でゆっくり注げば抽出に時間がかかるため、コクのある味わいになります。
また、太めのお湯でさっと注ぐとあっさりした味わいになります。

抽出時間遅い速い
コーヒーの味コクあっさり(酸味が出る)

お湯の温度

一般的にペーパードリップに適したお湯の温度は90度前後と言われています。
お湯の温度が高いほど苦みやコクが際立ち、低いほどやわらかい味になります。

温度低い高い
コーヒーの味まろやか苦味

豆の量

豆の量が多いほど濃く、少ないほど薄い味わいになります。

豆の量多い少ない
コーヒーの味濃い薄い

豆の挽き方

挽き方が粗いほど成分が抽出されにくいので薄めになり、細かいほど濃い味に仕上がります。

挽き方細かい粗い
コーヒーの味濃い薄い

味のバランスはなぜ変化するの?

コーヒー粉にお湯を注ぐと、酸味成分が早くに溶け出し、苦み成分はゆっくりと出てきます。
そのため抽出を速くするほど酸味が強くなり、抽出に時間をかけるほど苦み成分の量が増えるため、苦味の強い味わいに仕上がります。

また、酸味成分は低温でもよく出ますが、苦み成分は高温でないと出にくいという特徴があり、温度の差でも味わいが変化します。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
自分好みの味わいは、淹れ方によって調整することができます。
ポイントを押さえ、自分好みの味になるように色々と試してみてください。