本当に安くて美味しいドリップコーヒーのおすすめ人気6選

ブレンドコーヒーとは?ストレートでは味わえないブレンドの魅力

よく身近で耳にする「ブレンドコーヒー」
カフェや自宅で気軽に飲むことができます。
この記事では、ブレンドコーヒーとはどんなコーヒーなのか、またブレンドにする目的や魅力についてご紹介します。

ブレンドコーヒーとは

異なる銘柄同士を組み合わせて作り上げたものをブレンドコーヒーといいます。

単一銘柄の「ストレートコーヒー」とはまた違った楽しみがあります。
ストレートコーヒーを素材そのものとすれば、ブレンドコーヒーは料理のようなものです。
銘柄の個性を生かし、味わいを自在に表現できるのがブレンドです。

なぜブレンドをするの?目的とは

ブレンドの目的は様々です。
店の理想の味を表現し、「店の顔」として看板メニューとすることのほか、豆を数種類混ぜ合わせることで豆の欠点を押さえ、一般的に好まれやすい味わいに仕上げるという目的もあります。
また、比較的安価な豆を混ぜ合わせ原価を調整し、コストを低く抑えるといった経営的な側面をもつものでもあります。

ブレンドは自宅でも楽しめる?

ブレンドの手順や基本のポイントがわかれば、自宅でも手軽に楽しむことができます。

ブレンドの手法は、生豆の状態で混ぜ合わせる「プレミックス」と、焙煎後に混ぜ合わせる「アフターミックス」の2つがあります。
自宅では焙煎後の豆を購入し、「アフターミックス」でブレンドに挑戦するといいでしょう。

2つのブレンド手法

2つのブレンドの手法について詳しくご紹介します。

プレミックス

生豆の状態でブレンドし、すべての豆を一度に焙煎するやり方です。
焙煎は一度で済みますが、豆ごとに最適な焙煎ができないため、理想の味わいに近づけるのが難しい手法です。

アフターミックス

それぞれの豆が焙煎された状態でブレンドするやり方です。
使用する豆の種類の数だけ焙煎しなければならないため、手間と時間はかかりますが、豆の個性をより生かすことができます。

ブレンドの楽しさとは

豊かな味わい

単一銘柄のストレートコーヒーは、素材そのものの味わいをストレートに感じ、豆それぞれの個性を楽しむためのものです。
それに対してブレンドコーヒーは、豆同士の個性が絡み合い、もしくは対立して生み出される豊かなハーモニーを楽しむものと言えます。
お店のブレンドであれば、作り手の志向を楽しむことができます。
自宅でブレンドをするのであれば、自分の好みの味わいを追求することができます。

味のパターンは無限大

3種類の豆「A」「B」「C」を例として、
組み合わせは「AB」「AC」「BC」「ABC」の4パターンです。
その配合比率をそれぞれ変えていくことで、異なるブレンドが無限に生み出されていきます。
そこから時運が表現したい味わいに照準を定めていくのが、ブレンドの魅力の一つです。

味を作り出すおもしろさ

ブレンドは料理と同じです。
購入した豆をそのまま楽しむ以上に、新しい味を生み出す面白さがあります。
味わいになれたストレートコーヒーをブレンドすることで、新たな魅力の発見にもつながります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ブレンドは無限の可能性を秘めています。
色々なブレンドを試してみて、自分好みの配合をみつけてください。