本当に安くて美味しいドリップコーヒーのおすすめ人気6選

コーヒードリッパーってどれを選べばいいの?種類と特徴を徹底解説

ひと口に「ドリッパー」といっても、様々な種類があり、どれを選べばいいのか悩んでしまいますよね。
そこで、この記事ではドリッパーの種類と特徴、またその味わいの違いについて徹底解説します。

ドリッパーの構造的な違い

ドリッパーには様々なものがあり、主要なものとしては「台形型」のメリタ式とカリタ式、「円錐型」のコーノ式とハリオ式が有名です。

それぞれの穴の数や大きさ、リブの高さなどの構造の違いによって味わいに差を生みます。

どの構造の違いも、「抽出時間」に影響が出ます。
この抽出時間の違いによって味わいに差が出てくるのです。

形状の違い

形で大きく分けると「台形型」と「円錐型」の2種類があります。
ドリッパーを横から見ると形の特徴がわかりやすいです。

台形型

台形型は円錐型に比べるとお湯のろ過速度が遅く、ドリッパーに滞留することが特徴です。
お湯の注ぎ方による味のブレが出にくく、安定して淹れやすいです。

円錐型

円錐型のため台形型よりも粉の層を厚くとれるのが特徴です。
抽出速度が速いため、お湯の注ぎ方により味を調整することができます。

穴の違い

穴の数では、3つ穴のあるカリタ式が有名です。
横並びの1列に穴があいているものや、三角に並んでいるものがあります。
穴の大きさや数によって抽出時間に差が出てきます。

リブの違い

リブはドリッパーにある凹凸のことです。
リブは、ドリッパーとペーパーフィルターが密着してしまわないように空気の抜け道を確保するという重要な役割を持っています。
リブがどのように入っているかもドリッパーの機能の大きな違いとなって現れます。

ドリッパーの種類と特徴

ドリッパーの種類と、その特徴について見ていきます。

メリタ式

メリタは、目的量のお湯を一度に入れるものとして設計されたものです。
目的量のお湯を一度に注ぎ、ドリッパーから落ちきるまでの時間で抽出できるように調整されています。

抽出穴が1つだけのため抽出がゆっくりで、コクのある味わいに仕上がります。

味にブレが出にくいため、初心者におすすめなドリッパーです。

形状台形型
穴の数

カリタ式

カリタのドリッパーは、3つの抽出穴が1列に並んだ3つ穴構造が特徴です。
穴の数が多い分、抽出される速度が速いため、軽やかな味わいの、スッキリとキレのあるコーヒーに仕上がります。

内側に長く入ったリブも大事なポイントで、これによりお湯が粉を通過し真っすぐサーバ落ちることで、理想的な抽出速度を実現しています。

形状台形型
穴の数

カリタ式 ウェーブ型

カリタのウェーブ型は、波打つように形成されたウェーブが空気の逃げ道をつくり、注いだお湯が効率よく円型に広がって抽出されるのが特徴です。

底部には三角形を描いて3つ穴が開いています。
通常のカリタ式ドリッパーと同様、スピーディな抽出を実現します。

形状台形型
穴の数

ハリオ式

ペーパードリップでネルドリップの味わいを再現したいというコンセプトで設計されています。

円錐型のため、台形型と比べてコーヒー粉の層が深く、成分をしっかり抽出できます。

大きめの1つ穴なので、素早く注げばスッキリとした味わいに、ゆっくり注げばコクのある味わいになります。
「狙った味を出せる」というのが魅力です。

形状円錐型
穴の数

コーノ式

円錐フィルターの元祖ともいわれ、ペーパードリップの手軽さとネルドリップの味わいを兼ね備えています。

大きめの1つ穴が特徴で、下部3文の1ほどの入った短めのリブは、一般の人でも入れやすくするために工夫されたものです。
1滴ずつお湯を注ぐ独特の点滴方によって、香り高く、コクのあるコーヒーになります。

形状円錐型
穴の数

ドリッパー比較表

種類形状穴の数味わい
メリタ台形コクがある
カリタ台形スッキリとキレのある味わい
カリタ
(ウェーブ)
台形スッキリとキレのある味わい
ハリオ円錐淹れ方で調整することができる
コーノ円錐香り高くコクがある

結局どれがおすすめなの?

初心者には味にブレがなく簡単な「メリタ式」がおすすめです。

ハンドドリップになれている人は、抽出される味わいの好みによって選ぶとよいでしょう。

ドリッパーの素材によって味は変わる?

ドリッパーの素材はプラスチックや金属、陶器、ガラスなどがあります。
素材によって味が変わるかというと、実はあまり影響はありません。

ただ、陶器は手作りの場合に個体差が生まれてしまうため、プロ用としてお店で使用されるものはプラスチック製が多いそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ドリッパーによっても味わいは様々に変化します。
お好みの味にあったドリッパーを選んでください。