本当に安くて美味しいドリップコーヒーのおすすめ人気6選

コーヒーミルの種類は?手動式と電動式で何が違う?

コーヒー豆を挽くときに使われるコーヒーミル。
ミルにはさまざまな種類があり、大きく手動式と電動式とでわかれます。
この記事では、手動式と電動式の違いと、美味しいコーヒーにするためのミルの挽き方のポイントを説明します。

手動式と電動式の違い

ミルには、手動式と電動式があります。

手動式

手動式は手でハンドルを回すタイプです。
手で回す手間があるため、コーヒーを飲むのが1日1杯程度という人におすすめです。
構造がシンプルなため、掃除しやすいというメリットがあります。

回す速度がまちまちだと、粒度に差が出ることがあるので、なるべく一定の速度で回すことが重要です。

電動式

電動式は、自動でコーヒー豆を挽いてくれるタイプです。
1日に何杯もコーヒーを淹れる人は、電動のほうが使い勝手がいいです。

手動と比べキレイに挽くことができますが、定められえた連続使用時間を超えて使用してはいけません。
また、「ブレードグラインダー」という刃のタイプの場合は粒度がバラつきやすいため、途中で本体を振って豆を拡散するといいでしょう。

コーヒーミルの刃の違い

コーヒーミルによって刃に違いがあります。

フラットカッター

家庭用の電動ミルに多いタイプです。
粒度の均一性に優れており、微粒が少ないです。
サイズがやや大きく、価格は高めです。

ブレードグラインダー

家庭用の電動ミルによく使われています。
挽く時間の長さによって粒度が変わります。
粒度がやや揃いにくく、微粒が多いです。
シンプルな構造なため掃除がしやすいことがメリットです。

ユニカルカッター

手動のミルやエスプレッソ用のミルに多いです。
刃と刃の隙間の広さによって粒度を調整します。

ロールグラインダー

主に工業用に使われており、家庭用のミルではほぼ見られません。
粒度の均一性に優れており、速度も速いです。

コーヒー豆を挽く際のポイント

1. 粒度を均一にする

コーヒー豆を挽く際は、なるべく粒度を揃えるということが重要です。
粒度が均一であればあるほど、コーヒーの味わいがクリアになります。
しかし、粒度がバラバラだとえぐみや雑味が出やすく、ぼやけた味になります。

2. 微粒を出さない

微粒とは、豆を挽く際に出る非常に小さな粒のことです。
挽く際にはどうしても発生してしまうものですが、コーヒーの味に悪影響を与え、不快な苦みや渋みを抽出してしまいます。
できるだけ微粒を発生させないミルを選ぶことが重要です。

3. 熱を発生させない

熱とは、粉砕による摩擦熱のことをいいます。
摩擦熱が大きいと、味や香りを著しく損なってしまいます。
近年では、摩擦熱を発生させにくいセラミック製のミルが登場しています。
ミルを選ぶ際はセラミック製を選ぶと良いでしょう。

4. 抽出法に合った粒度で挽く

抽出器具には、その器具にあった粒度があります。
抽出器具に合った粒度で挽くことが重要です。

抽出器具と粒度の関係性については以下の記事を参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
家庭用のコーヒーミルは安価なものも多く販売されてみます。
まずは購入し、試してみるといいかもしれません。