本当に安くて美味しいドリップコーヒーのおすすめ人気6選

コーヒーカップとティーカップの違いは?カップによって味が違うって知ってた?

よく目にするコーヒーカップとティーカップ。その違いは何なのか知っていますか?
カップと一口にいっても様々な種類があり、味わいに差が生まれます。
この記事ではカップによる違いをご紹介します。

コーヒーカップとティーカップの違いは?

ソーサー付きのカップには、コーヒーカップとティーカップがあります。
一般的には、口が広くて浅めのカップを「ティーカップ」と呼びます。
また、口を狭くて深めのカップを「コーヒーカップ」と呼びます。

熱いお湯で淹れる紅茶は、冷めやすいように口の広いカップが向いており、
紅茶より温度の低いコーヒーは、冷めにくくするために口が狭く深めになっているカップが向いています。

コーヒーカップの種類によって味が違う?

一口にコーヒーカップといっても、様々なものがあります。
カップを選ぶ際には、厚みと形状が一つの目安となります。

飲み口の薄いカップは、澄んだ味わいのものがよりクリアに感じます。
厚手のカップのものは、保温性が高いため、量が多いものを飲みたいときに向いています。
飲み口が広いカップは香りが広がりやすいのがメリットですが、その分飛びやすいというのがデメリットです。
また飲み口が狭いカップは香りが持続しやすいという特徴があります。

コーヒーカップの種類

コーヒーカップの種類と特徴をご紹介します

コーヒーカップ

120~140ml程入るものが一般的なサイズです。
150~180ml程の大きめのカップは「モーニングカップ」とも呼ばれています。
様々な暑さや形状、デザインのものがあります。

マグカップ

縦長で大きめのカップで、ソーサーは無いのが特徴です。
コーヒーだけでなく、様々な飲み物で使用されます。
大きさも形も様々出てますが、200~250mlほど入るものが一般的です。

カプチーノカップ

下部がすぼまったものや、ボウルのように口が広い形など様々です。
ラテアートをする場合はボウル型のほうが細かいデザインを作りやすいため、そちらを使用するケースが多いです。

エスプレッソカップ

60~90mlの小さなカップです。
エスプレッソを1ショット(30ml)にちょうどよいサイズです。
少量で提供するため、エスプレッソが冷めないように厚手のものが多いです。

デミタスカップ

80mlほどの小型のカップです。
フランス語で「デミ」は半分という意味で、「タス」はカップの意味です。
食後の濃いコーヒーやエスプレッソに多く使われます。

カフェオレボウル

お椀のような形をしたカップで、カフェオレに使用するカップです。
200~250ml程入るサイズが多いです。

まとめ

いかがでしょうか。
カップによっても味わいや香り方が異なります。
コーヒーの種類でカップを変えてみるもいいかもしれません。