本当に安くて美味しいドリップコーヒーのおすすめ人気6選

コーヒーを飲むと健康になる?ダイエット効果があるって知ってた?

多くの人に親しまれているコーヒー。
コーヒーは健康に良いってご存知でしたか?実はダイエットにも効果があるんです。
この記事ではコーヒーの健康効果とダイエット効果について詳しくご紹介します。

コーヒーに含まれる三大有効成分

コーヒーに含まれる3つの有効成分についてご紹介します。

カフェイン

覚醒作用があります。
代謝アップ、脂肪の燃焼を助け、炎症を抑える効果も期待できます。

ポリフェノール

抗酸化力があります。
糖分の吸収を遅らせ、食後の血糖値の上昇を抑える作用もあります。

トリゴネリン

生豆に含まれる成分で、加熱すると「ニコチン酸」ち「NMP」に変化します。
ニコチン酸は、高脂血症の予防や治療に効果があります。
NMPは、抗酸化作用を強く持っており、副交感神経を刺激し、ストレスの緩和を促しています。

コーヒーの健康効果

がん細胞の増殖を防ぎ、最新医療に効能を発揮する

カフェインには、皮膚がんの一つである「基底細胞がん」の予防に効果があります。
紫外線で傷ついた細胞を消滅させ、傷を残さないことから、コーヒーを飲まない人より皮膚がんの発症リスクを78%下げるという研究結果が出ています。

また、ポリフェノールが紫外線によるシミを予防するという研究結果もあります。
色素沈着させないようにクロロゲン酸が働きかけるようです。
カフェインとポリフェノールが相乗効果を発揮しています。

ポリフェノール含有量が最も多いコーヒー

ポリフェノールは多くの植物に含まれていますが、コーヒーに含まれるのは「コーヒーポリフェノール」と呼ばれるクロロゲン酸です。
あらゆる食品の中でコーヒーは最も含有量が多いです。

クロロゲン酸の効能は、「細胞の酸化防止」「長寿ホルモン(アディポネクチン)の分泌促進」「血糖値の上昇を抑制」「血圧を下げる」「中性脂肪の分解促進」など、その効果は多種多様で、健康維持に最適です。

加熱するほど増える2つの健康成分

生豆に含まれているトリゴネリンは、加熱すると「ニコチン酸」と「NMP」という成分に変化します。

ニコチン酸は、ストレスが原因で起こる中性脂肪の増加を防ぐ働きがあります。
糖尿病、高血圧、動脈硬化などの改善効果が認められている「アディポネクチン」の分泌を促して血管壁を保護したり、血液をサラサラにする作用も期待できます。
また近年では、大腸がんを防ぐ効能も注目されています。

NMPは、副交感神経を刺激して気分をやわらげたり、大腸の働きをよくしたり、血圧を下げたりするなどの作用があります。
この強い抗酸化力には発がん性物質の解毒作用があるともわかっています。

食前の飲むことでダイエット効果が期待?

コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」には糖分の吸収を遅らせ、食後の血糖値上昇を防ぐ作用があります。
また、食欲を抑制するホルモンを刺激することができ、食べ過ぎ防止につながります。
そのため食前に飲むことでダイエット効果が期待できます。

コーヒーには認知症予防の効果も

アルツハイマー型認知症予防にはコーヒーを習慣的に飲むのが効果的です。
習慣的に飲むことでカフェインの血中濃度を保つことができ、1日に2~3杯飲むことが効果的です。
コーヒーを毎日飲む習慣を20年程度続けるとよいとされています。

1日何杯飲むのが健康的?

コーヒーは1日2~3杯飲むのがいいでしょう。4杯以上は避けたほうが無難です。
健康効果が実証されてはいるものの、「毎日4杯以上コーヒーを飲む55歳未満の人の死亡率はそうでない人よりも高い」という研究結果もあります。
何でもやりすぎはよくないといいますし、コーヒーも2~3杯程度に抑えておくといいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
コーヒーには様々な健康効果、ダイエット効果があります。
もちろんブラックで飲む前提のことなので、砂糖やミルクを入れる場合は糖質など注意しましょう。