本当に安くて美味しいドリップコーヒーのおすすめ人気6選

サスティナブルコーヒーとは?

サスティナブルとは「持続可能」という意味を持ちます。
この記事ではサスティナブルコーヒーとは何なのか、またその取り組みについて詳しくご紹介します。

サスティナブルコーヒーとは?

サスティナブルコーヒーとは、「持続可能なコーヒー」という意味です。
現在だけでなく未来も視野に入れ、自然環境やコーヒーに関わる人々の生活を良い状態に保つことを目的としたコーヒーの総称のことをいいます。

安定的に生産するために

コーヒーの生産は、天災や病虫害の発生など、自然環境に大きく左右されます。
商品先物取引の対象となり、価格が乱高下することもあります。

また、コーヒー生産国には貧しい国もあり、価格競争のために安い労働力を強いることもありました。
小規模農園では生産コストを下げる手立てがないのが現状です。

コーヒーには、環境、労働、流通などの問題が多重にあり、品質の良い豆を安心・安定して生産できる環境づくりは、消費者の国でも考えるべき問題となっています。

サスティナブルコーヒー3つの取り組み

「持続可能」なシステムへの取り組みを3つご紹介します。

オーガニックコーヒー

環境保全や消費者の安全を考慮し、農薬や化学肥料に頼らない有機栽培でつくられている、自然にも体にも安心安全なコーヒーです。

日本における有機農産物には
「堆肥等で土づくりを行い、化学合成肥料および農薬の不使用を基本とし、土壌の性質に由来する生産力を発揮させ、環境への負荷をできる限り低減した栽培管理方法で採用した場所で生産すること」
という企画があります。

日本農林規格(JAS)協会の規格をクリアした場合のみ「有機」や「オーガニック」と表示することができます。

バードフレンドリーコーヒー

コーヒーの栽培には標高の高さと涼しい場所が必要なため、多くの農園が山岳地帯に存在します。
山岳地帯には機械が入ることが困難なため、手摘みでの収穫が主流となっています。

しかし、大量生産の波により収穫の機械化や生産コストの削減が求められ、伐採の動きが発生しました。
それにより渡り鳥の休息地である森林が減少し、渡り鳥自体も減少しました。

そこで米国スミソニアン渡り鳥センターが「バードフレンドリーコーヒー」という認証プログラムを発足しました。
「有機栽培を行い、森に11種以上の樹種があり、約20%を15m以上の大木が占め、約60%を12m以上の中木が占める」などの認証基準を設け、森林、渡り鳥、生産者を守る農法を行っています。

フェアトレード認証コーヒー

コーヒー生産者は発展途上国の小規模農家が多いです。
価格はロンドンやニューヨークの国際マーケット市場で決まるため、価格交渉は中間業者が担っており、思うような収入を得られていないのが現状です。

1997年、日本を含む14の推進組織により「国際フェアトレードラベル機構」が設立されました。
「フェアトレード価格」を定め、マーケットの価格が下落しても、生産者からの購入者はフェアトレード価格以上を保証しなければならないという取り決めを作りました。

また、小規模農家も生産者組合を発足することで、生産能力を高めたり、交渉力を持つことが可能になってきています。

密接に関わる3つの取り組み

3つの取り組みはそれぞれが独立しているものではなく、密接にかかわっています。
サスティナブルコーヒーは、生産者や流通・販売者の取り組みに対する認識を消費者に促し、購入することで活動を後押しできる商品といえます。

しかし、「サスティナブルコーヒー=美味しいコーヒー」とは限りません。
スペシャルティコーヒーの定義ではサスティナビリティとトレーサビリティの概念は重要ですが、サスティナブルであることが高品質であることに直結しないことも多いのが現状です。

消費者にとって、美味しくないコーヒーを高値で買い続けるのは難しく、美味しいこともサスティナビリティにつながる要因の一つとも言えますね。