本当に安くて美味しいドリップコーヒーのおすすめ人気6選

コーヒーのフードペアリング!パンとコーヒー豆の相性は?

フードペアリングと耳にしたことはあるものの、具体的に相性のよいものとは何かわかりませんよね。
この記事ではコーヒーのフードペアリングについて、パンとコーヒー豆の相性を具体的な例を用いてご紹介します!

フードペアリングとは?

まず、フードペアリングとは食材の組み合わせのことをいいます。
フードペアリングについては以下の記事で詳しく紹介してますので参考にしてみてください。

それでは、コーヒーのフードペアリングの具体的な例をご紹介していきます。

トースト

カリっと焼いてあるトーストは、コーヒーとの相性抜群です。
様々なコーヒーと合わせやすいのが特徴です。

バタートースト

相性の良いコーヒー:グアテマラの中煎り

コクが特徴のグアテマラの豆とパンの甘さが調和し、さらにバターの風味が加わることで後味に香りが広がります。
バターとコーヒーオイルが調和して旨味を感じるため、オイルがしっかりと抽出されるフレンチプレスでの抽出がおすすめです。

ジャムトースト(マーマレード)

相性の良いコーヒー:グアテマラの深煎り

マーマレードジャムを使用したジャムパンの場合は深煎りがおすすめです。
マーマレードの酸味をともなった苦みと、コーヒーの酸味と苦みが調和し、さらにジャムの甘さが全体のバランスを整えます。

シナモントースト

相性の良いコーヒー:コロンビアの深煎り

シナモントーストは、甘い香りとスパイシーな味が特徴です。
コロンビアの豆が持つ重みが、味に広がりと深みを感じさせてくれます。
シナモンのスパイシー館と深煎り豆のドライな苦みが調和し、絶妙なバランスを保ちます。

デニッシュ

バターがふんだんに練りこまれているデニッシュは、同じオイル感のあるフレンチプレスで抽出したコーヒーがおすすめです。

チョコレートデニッシュ

相性の良いコーヒー:アーモンドやカカオのフレーバーを持つ豆の中煎り

チョコレートが入っているデニッシュは、グアテマラの高山地で採れるクリアな味わいのコーヒーと合わせると、カカオのフレーバーが強調されるため相性抜群です。

アップルパイ

相性の良いコーヒー:リンゴ系のフレーバーを持つ豆の中煎り

リンゴを使用したアップルパイは、コーヒーもりんごのフレーバー感じさせるものと合います。
中でもコスタリカの高山地の豆は、バターの風味と調和しながら、リンゴの風味を際立たせます。

カスタードクリームのデニッシュ

相性の良いコーヒー:コスタリカの中煎り

カスタードクリームにはコスタリカ豆と相性が良いです。
カスタードのバニラの風味や味わいは、ブラジル豆の中煎りとも相性がいいです。
バニラのフレーバーの広がりを感じさせてくれます。

ハード系パン

生地がしっかりとした味のあるハード系のパンは、生地の風味に負けない深煎りのコーヒーがおすすめです。

カンパーニュ

相性の良いコーヒー:ケニアの深煎り(フレンチプレスで抽出)

カンパーニュのやわらかな酸味は、フルーツのような酸味があるケニアの深煎りの豆と合わせると、不思議な甘さとなって広がります。
また、フレンチプレスによるオイル感は、パンの塩みを深みのある旨味に変えてくれます。

ドイツの黒パン

相性の良いコーヒー:インドネシア・マンデリンの深煎り

黒パンは独特な酸味が大きな特徴です。
マンデリンの深煎りと合わせると、パンの酸味がマイルドになり、黒糖のような後味を感じさせてくれます。
フレンチプレスで淹れることで、口当たりを良くしてくれます。

プレッツェル

相性の良いコーヒー:グアテマラやケニアの中煎り、コロンビアやマンデリンの深煎り

独特な固めの食感が特徴のプレッツェルは、素朴な味わいなだけにコーヒーとの相性が幅広いです。
中煎りから深煎り、様々な産地とも相性がいいです。

惣菜パン

オイル感のあるコーヒーが食材の具とうまく調和するため、フレンチプレスでの抽出がおすすめです。

カレーパン

相性の良いコーヒー:スパイス系フレーバーを持つ豆

スパイスがきいているカレーパンは、スパイス系のフレーバーを持つコーヒー豆と相性がいいです。
華やかな香りのバカマラ種やクリアなエチオピアの豆と合わせると、幅広いスパイシー感が楽しめます。

ソーセージパン

相性の良いコーヒー:ケニアの中煎り、マンデリンの深煎り

ケニアの豆のもつフルーツを思わせる華やかな酸味が、ソーセージとうまく調和します。
パン生地がハード系のタイプならマンデリンの深煎りとも相性がいいです。
ハーブのソーセージのような味わいになり、香りが口の中に広がります。

焼きそばパン

相性の良いコーヒー:ケニアの深煎り

やきそばパンとコーヒーは不似合いにも思えますが、意外にも酸味のあるコーヒーと相性が良いです。
特に、ベリー系や柑橘系などの酸味を持つケニアの深煎りがおすすめです。
焼きそばのソースとよくあい、酸味が油感をすっきりとさせてくれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
この記事ではパンとコーヒーの相性についてご紹介しました。
次の記事ではコーヒー意外な組み合わせのフードペアリングについてご紹介します。