本当に安くて美味しいドリップコーヒーのおすすめ人気6選

ブレンドのやり方は?コーヒー豆の個性の見極め方

コーヒー店や様々な場所で飲めるブレンドコーヒー。
自宅でも簡単にやることができます。
この記事では、ブレンドのを行うことで重要な、コーヒー豆の個性の見極め方をご紹介します。

ブレンドの基本

ブレンドをつくるときに基本的なポイントがあります。
以下の記事で詳しく紹介してますので参考にしてみてください。

ブレンドにおける豆の役割の考え方

豆の役割を考えるときは、味わいの個性に注目します。
例として、主役の豆に華やかな酸味がある場合、そこからさらに酸味を強調したり、深みやコクを追加しバランスをとるなどの方向性が考えられます。
主役を決めることで合わせる豆が決まってきます。

豆の役割を考える際に、銘柄の特徴を知っておく必要があります。

主役には個性がはっきりしている豆を

味わいの個性が際立っている豆は、主役にしやすいです。
その豆独自の特徴をブレンド全体の中心として考えることで、ブレンドを組み立てやすくなります。
「エチオピア」や「ケニア」などははっきりとした個性を備えた主役にしやすい豆です。
また、穏やかな味わいの豆も多めに用いることで主役にしやすくなります。

エチオピアの豆

スパイシーで華やかであり、きらびやかな味わいを持ちます。

ケニアの豆

浅煎りを使用することでフルーティさが際立つ味わいになります。

コロンビアの豆

多めに用いることでまろやかな甘みや酸味を際立たせることができます。

ベースにはバランスがとれている豆を

ベースの豆に最も重要なのはバランスの良さです。
主役を挽きたてつつ、足りないところを補い、ブレンド全体をまとめるものを選ぶとよいでしょう。
安定感のある「ブラジル」を筆頭に、「グアテマラ」や「コロンビア」などは実際のコーヒーショップやプロの世界などでもブレンドのベースとして多く用いられています。

ブラジルの豆

ベースに使いやすい豆の代表です。
バランスがよく、主役の個性を引きたててくれます。

グアテマラの豆

コクと甘みがしっかりとあり、酸味が強めの豆との相性が抜群です。

コロンビアの豆

苦味やコク、酸味などすべてがまろやかでどんな豆とも合わせやすいのが特徴です。

アクセントには尖った魅力のある豆で

ブレンドのアクセントには尖った魅力のある豆を使うとよいでしょう。
主役にもなる、強い個性を備えたものを少量加えることで、味わいにインパクトを出すことができます。
「マンデリン」「コスタリカ」「エチオピア」などがその代表例です。

コスタリカの豆

柑橘系のフレーバーで、独特の甘みを備えている者が多いです。

エチオピアの豆

フルーティさとスパイシーさはアクセントに良いです。
味がきらびやかになります。

マンデリン

トロピカルな香りとコクが特徴です。
少量淹れることで味の印象が変わります。

まとめ

この記事ではストレートコーヒーの特徴をご紹介しました。
おおまかな産地ごとの傾向で紹介しましたが、同じ国でも農園や品種、精製方法、焙煎など様々な要因で味わいは大きく異なります。
あくまで参考としてとらえるとよいでしょう。